取扱説明書

型番:3R-DVR01

INOVAロゴ
INOVA ドライブレコーダー コマ録

商品

2020.06.05
第1版

※万一、足りないものがございましたら、弊社お問い合わせ窓口にご連絡ください。

※デザイン及び仕様については、改良のため予告なしに変更する場合がございます。

※本書に記載している商品名、サービス名等は各社の登録商標です。

梱包品のご確認

画像

① カメラ本体
② 防水ケース
③ 車載ホルダー
④ 充電器
⑤ カーチャージャー
⑥ microUSBケーブル短(約80cm)
⑦ microUSBケーブル長(約350cm)
⑧ 台座取付用マウント
⑨ 縦横切替用マウント短
⑩ 縦横切替用マウント長

⑪ 曲面用台座
⑫ 両面テープ(曲面)
⑬ 平面用台座
⑭ 両面テープ(平面)
⑮ 短ネジ
⑯ 長ネジ
⑰ ポール固定用マウント

パッケージ内に上記のものが全て揃っているかご確認ください。
※microSDカードは付属しておりません。別途お買い求めください。

各部の名称01

  カメラ本体
画像

①充電接点 ②microSD差込口 ③マイク ④リセットボタン(押すと再起動します) ⑤インジケーター ⑥ディスプレイ

画像

① レンズ

画像

① 中心 ボタン(電源オン/オフ、録画開始/停止)
② 下ボタン(写真撮影モード)
③ 右ボタン(メニュー、長押し:再生モード)
④ 上ボタン(車載モード、長押し:上下反転)
⑤ 左ボタン(スポーツモード)

各部の名称02

  防水ケース
画像

① レンズ面
② ボタン
③ 留め具
④ ディスプレイ面(フタ)
⑤ マウント接続部


  車載ホルダー
画像

① ①充電接点
② DC out 5V (microUSB出力用)
③ 角度ロックボタン
④ DC in 5V (microUSB給電用)
※付属のケーブルはこちらに接続して下さい。
⑤ LEDインジケーター
⑥ マイナスイオン吹出口

  カーチャージャー
画像

① USB-Aソケット スマートフォン用(5.0V/2.4A)
② USB-Aソケット カメラ用(5.0V/1.0A)
③ シガープラグ

各部の名称03

  充電器
画像

① 充電接点 ② microUSB差込口 ③ 三脚用ネジ取付口

ソフトウェアの更新について

デバッグや性能向上のためにソフトウェアの更新がおこなわれる場合があります。 製品のバージョンを確認の上、最新のソフトウェアをインストールすることをお勧め致します。動作や画面表示がおかしい場合においても、ソフトウェアの再インストールをおこなうことで改善することがあります。

■最新のソフトウェアの入手
最新のソフトウェアを以下のアドレスにアクセスして入手してください。 https://cocoromi-club.com/FW96658A.bin

※このソフトウェアの改修、変更、翻訳、併合、逆コンパイル、リバース・エンジニアリングなどの行為を禁止します。
※弊社はこのソフトウェアの品質および機能がお客様の使用目的に適合することを保証するものではありません。
※このソフトウェアの選択および導入はお客様の責任で行っていただき、このソフトウェアの使用およびその結果についても、同様にお客様の責任でおこなっていただきます。
※ソフトウェアの更新は予告なく終了することがあります。ご了承ください。

■ソフトウェアのインストール手順
① お手持ちのパソコン等から上記のアドレスにアクセスし、最新のソフトウェアを入手します。
② カメラ本体にmicroSDカードを挿入し、フォーマットします。(データが全て削除されます)
③ カードリーダー等を使用し、お手持ちのパソコン等に②でフォーマットしたmicroSDカードを接続します。
④ microSDカードに①で入手したソフトウェアを直接コピー&ペーストしてください。(フォルダを作成したり、別のファイルを入れたりしないでください。)
⑤ microSDカードをパソコン等から取り外し、カメラ本体に挿入してください。
⑥ カメラ本体を電源に接続されている車載ホルダー、もしくは充電器に接続してください。
⑦ 画面上部のインジケーターが緑色で点滅し、インストールがおこなわれます。
(インストールが完了するまで、ケーブルを抜いたり、車載ホルダーや充電器からカメラ本体を外さないでください。故障や不具合の原因となります。)
⑧ インストールが完了すると、自動的に再起動されます。
⑨ メニューからバージョンを確認し、最新のソフトウェアがインストールされたことを確認してください。
⑩ カメラ本体で再度フォーマットをおこなってください。
(故障や不具合の原因となりますので、この操作は必ずおこなってください。)

microSDHC/microSDXCカードのご使用について

ご使用の際には、本体にてフォーマットをおこなってください。対応フォーマットはFAT32です。それ以外のフォーマットでは動作しません。
Class10以上のものをご使用ください。
本製品の対応microSDカード容量は最大64GBです。
microSDカードのメーカーによっては使用できないものがあります。
microSDカードは消耗品ですので、定期的に買い替えることを推奨します。
買い替え推奨期間は約2年間です。(1日4時間、毎日使用した場合)
※使用環境により異なります。動作を安定させるために、少なくとも3ヶ月に1度はフォーマットをおこなってください。


車への取り付けについて01

車載ホルダーの底面に貼り付け用のテープが付いています。 運転中の視野の障害にならないような以下の位置に取り付けてください。

・フロントガラス上部20%の範囲
   またはフロントガラス下端から150mm以内の範囲
・ルームミラーと同じ高さ、またはルームミラーよりも上の位置
・ルームミラーの方向調整をしても接触しない位置
・車検ステッカーに重ならない位置
・ワイパーで水滴が拭きとれる位置

※ドライブレコーダーの取り付け可能位置については、法律で定められています。
※一度貼り付けると再度貼り付けできませんので、貼り付け場所をよく確認した上で貼り付けてください。

車への取り付けについて02

  カメラ本体を車載ホルダーへ取り付ける方法
画像

上記のように、ディスプレイ面が手前側、ボタンは上側の状態で車載充電器に差し込んでください。microUSBケーブルを上記写真赤枠の「DC in 5V」に差し込むと充電が開始します。
※「DC out 5V」に差し込んでも充電は開始されません。ご注意ください。


  車載ホルダーの角度調整
画像

車載ホルダーは上記のように360°回転します。お好みの角度でご使用ください。

車への取り付けについて03

画像

また、ロックボタンを押しながら矢印の方向へ動かすことで、前後の角度調整ができます。


カメラ本体の使用方法01

  microSDカードを挿入する
画像

写真のように、microSDカードのラベル面をレンズ側に向け挿入して下さい。

※挿入する向きに注意してください。
※取り出す際はmicroSDカードを爪で押してください。その際、microSDカードが飛び出し紛失する可能性がありますので、十分に注意してください。

カメラ本体の使用方法02

  充電する

車載ホルダー、または充電器を使用することで充電が可能です。 付属のmicroUSBケーブルを側面にある「DC in 5V」に差し込んでください。 ※「DC out 5V」に差し込んでも充電されません。

画像

車載ホルダーの場合、車のシガーソケットに付属のカーチャージャーを挿入してください。付属のmicroUSBケーブル長のUSB-Aプラグをカーチャージャーの「CAM」と表示されたUSBソケットに差し込んでください。

画像

充電器の場合、付属のmicroUSBケーブル短のUSB-Aプラグをお手持ちのACアダプタのUSBソケットに差し込んでください。ボタンが上にある状態で充電接点の上に本体を置いてください。充電が開始されるとディスプレイ右下にある電池残量表示が点滅しインジケーターが青色に点灯します。(車載モードの場合は同時に赤色に点灯します)充電が完了するとディスプレイの上にあるインジケーターの青色が消灯します。満充電まで約2.5時間かかります。

※インジケーター表示については別の項目で詳細を記載しています。
※充電を停止した(車のエンジンを切った/カメラ本体を取り外した)場合、シャットダウンするかどうか選択するように表示されます。15秒以内に選択しない場合、電源が切れますのでご注意ください。

カメラ本体の使用方法03

  電源を入れる/切る
画像

中心ボタンを押すと電源がオンになります。または、充電が開始されると自動的に電源がオンになります。

中心ボタンを約2秒長押しすると電源がオフになります。

カメラ本体の使用方法04

  インジケーター表示
  本体
インジケーター
画像
中心ボタン周り
インジケーター
画像
充電 録画
車載モード 青点灯

赤点灯
消灯 充電中
青点灯

赤点滅
消灯 充電中
赤点灯 消灯 満充電
未充電
赤点滅 消灯 満充電
未充電
スポーツ
モード
青点灯 青点灯 充電中
青点灯 青点滅 充電中
消灯 青点灯 満充電
未充電
消灯 青点滅 満充電
未充電

各モードの使用方法01

  車載モード

車マークのボタンを押すと、車載モードになります。中心ボタンを押すことで録画が開始されます。または、充電が開始されると自動的に録画が開始されます。録画中はディスプレイに赤い丸が点滅表示され、ディスプレイの上にあるインジケーターが赤点滅します。録画を停止するには中心ボタンを再度押してください。上下反転させたい場合は、車マークのボタンを長押ししてください。撮影中のファイルを保護するには、撮影中に左ボタン(スポーツモード)を押してください。

車載モード中のディスプレイ表示

画像

① ループ録画  ② 動体検知  ③ 露光補正  ④ WDR  ⑤ 日時  ⑥ 録画可能時間  ⑦ 解像度  ⑧ 駐車監視  ⑨ 録音  ⑩ microSDカード  ⑪ 電池状態

  スポーツモード

左ボタンを押すと、スポーツモードになります。中心ボタンを押すことで録画が開始されます。または、充電が開始されると自動的に録画が開始されます。録画中はディスプレイに赤い丸が点滅表示され、中心ボタン回りのインジケーターが青点滅します。録画を停止するには中心ボタンを再度押してください。上下反転させたい場合は、車マークのボタンを長押ししてください。撮影中のファイルを保護するには、撮影中に左ボタン(スポーツモード)を押してください。

各モードの使用方法02

スポーツモード中のディスプレイ表示

画像

①ホワイトバランス  ②タイムラプス  ③露出補正  ④WDR  ⑤録画可能時間  ⑥解像度  ⑦録音  ⑧microSDカード  ⑨電池状態  ⑩日時

  写真撮影モード

カメラマークのボタンを押すと、写真撮影モードになります。中心ボタンを押すことで写真撮影されます。上下反転させたい場合は、一度スポーツモードか車載モードに切り替えます。上下反転させたい方向に変更した後、カメラマークのボタンを押してください。

写真撮影モード中のディスプレイ表示

画像

①露光補正  ②ホワイトバランス  ③シャッタータイマー  ④撮影可能枚数  ⑤解像度  ⑥画質  ⑦microSDカード  ⑧電池状態

各モードの使用方法03

  再生モード

各モードで右ボタンを長押しすると、再生モードになります。再生モードは写真撮影モード、スポーツモード、車載モードでそれぞれ独立しています。(車載モード時に再生モードに移行すると、車載モードで録画した動画しか確認できません)

再生モード中のディスプレイ表示

画像

①保存ファイル名
※保護されたファイルの場合は鍵マークが表示されます
②解像度  ③撮影日時 

*再生/一時停止する*
再生/一時停止するためには、中心ボタンを押します。

*早送りする*
早送りするためには、再生中にカメラマークのボタンを長押しします。
長押しする度に2倍速、4倍速、8倍速になります。。

*早戻しする*
早戻しするためには、再生中に車マークのボタンを長押しします。
長押しする度に2倍速、4倍速、8倍速になります。

*次のファイルを参照する*
次のファイルを参照するためには、カメラマークのボタンを長押しします。

*前のファイルを参照する*
前のファイルを参照するためには、車マークのボタンを長押しします。

各モードの使用方法04

*ファイルを消去する*
ファイルを消去するためには、右ボタンを押してメニュー画面に移行します。 「消去」を選択し、現在のファイルを削除するか、全てのファイルを削除するか、どちらかを選択し、消去を実行してください。
※ここで全てのファイルを削除した場合、再生モード移行時のモードのファイルしか削除されません。(写真撮影モードから再生モードに移行した場合、全てのファイルを削除してもスポーツモード/車載モードのファイルは削除されない) ※保護されているファイルは削除できません。保護解除後に削除してください。

*ファイルを保護/保護解除する*
ファイルを保護/保護解除するには、右ボタンを押してメニュー画面に移行します。 「保護」を選択し、現在のファイルを保護/保護解除するか、全てのファイルを保護/保護解除するかを選択し、保護/保護解除を実行してください。

*スライドショーを実行する*
スライドショーを実行するには、右ボタンを押してメニュー画面に移行します。 「スライドショー」を選択し、スライドショーで表示する秒数を、2秒、5秒、8秒から選択してください。動画ファイルのスライドショーの場合は、録画開始時の写真がスライドショーされます。スライドショーを終了するには中心ボタン、もしくは右ボタンを押してください。

メニュー画面01

各モードで右ボタンを押すとメニュー画面に移行します。右ボタンを再度押すと別のタブのメニュー画面に移行し、元のタブに戻りたい場合は再度右ボタンを押します。メニュー画面を終了したい場合は、右ボタンを長押ししてください。各設定画面から元のメニュー画面に戻りたい場合は右ボタンを押してください。

*解像度*
解像度の設定ができます。

*画質*
画質をエコノミー、ノーマル、ファインの3つから選択して設定できます。
ファインが最も高画質なモード、エコノミーが最も低画質なモードです。
※画質設定は写真撮影モード時のみ有効です。

*ループ録画*
ループ録画のループ長さを設定できます。
※ループ録画の場合容量がいっぱいになると、古いデータから上書きされます。
※保護されているデータは削除されません。
※ループ録画は車載モード時のみ有効です。

*タイムラプス録画*
タイムラプス録画のオン/オフを設定できます。
※タイムラプス録画はスポーツモード時のみ有効です。

*WDR*
WDRのオン/オフを設定できます。

*露出補正*
露出を設定できます。

*ホワイトバランス*
ホワイトバランスの設定ができます。
※ホワイトバランスはスポーツモード、写真撮影モード時のみ有効です。

メニュー画面02

*シャッタータイマー*
シャッタータイマーを2秒、5秒、10秒で設定できます。 設定時間後に自動的にシャッターを切ります。
※シャッタータイマーは写真撮影モード時のみ有効です。

*動体検知*
動体検知のオン/オフを設定できます。動体を検知すると自動で約10秒間録画します。10秒以上動いている動体があれば、動いている分だけ録画されます。
※電源がオフの状態では無効です。
※録画ファイルは自動的に保護されません。
※動体検知は車載モード時のみ有効です。

*録音*
録音のオン/オフを設定できます。
※スポーツモード時、車載モード時に左ボタン長押しでも設定できます。

*駐車監視(衝撃検知)*
駐車監視のオン/オフを設定できます。衝撃を検知すると約15秒間録画します。(本体内蔵バッテリー使用時)録画ファイルは自動的に保護され、ループ録画で上書きされないようにします。
※電源がオフの状態でも有効です。
※満充電されている場合、本体内蔵バッテリーでの録画可能時間は150分です。
※本体内蔵バッテリーが不足している時は録画されません。
※駐車監視は車載モード時のみ有効です。

*日付表示*
録画/撮影時に日時を表示する/しないを設定できます。

*G-sensor*
G-sensorの感度を設定できます。衝撃を検知すると現在録画中のファイルを自動的に保護し、ループ録画で上書きされないようにします。
※G-sensorは車載モード時のみ有効です。

メニュー画面03

*日/時刻*
言語を設定できます。

*言語*
日時を設定できます。

*ちらつき防止*
ちらつき防止を設定できます。撮影時の蛍光灯やLEDのちらつきを防止します。お住まいの地域の周波数に従って設定してください。
(例1:西日本は60Hzなので60Hzに設定)
(例2:東日本は50Hzなので50Hzに設定)

*自動電源オフ*
自動的に電源がオフになるまでの時間を3分、5分、10分から選択して設定できます。何も操作していない時に、自動的に本体電源をオフにする機能です。
※録画時は自動電源オフ機能は動作しません。

*スクリーンセーバー*
スクリーンセーバーの時間を設定できます。設定した時間が経過するとディスプレイがオフになります。(ディスプレイがオフになっても録画は継続されます) 再度どこかのボタンを押すと復帰します。

*フォーマット*
フォーマットを選択すると「メモリーをフォーマットします。全てのデータが消去されます。」と表示され、「確認」を選択するとフォーマットが完了します。
※消去されたデータは復元できません。ご注意ください。

*全ての設定をリセット*
全ての設定を工場出荷時の状態にリセットできます。

*バージョン*
現在のバージョンが表示されます。

各パーツの使用方法01

  防水ケースへの取り付け方法
画像

防水ケースにカメラ本体を入れます。カメラの向きに注意してください。ディスプレイが手前、ボタンが上です。

画像

フタを閉めます。

画像

留め具のツメを防水ケースのフタに引っ掛けます。

画像

そのまま矢印の方向に押してください。カチッと音が鳴り、ロックされます。

※防水ケースはIP67を取得しています。(水深1mに30分間放置しても内部に浸水しない)
※ケースのフタに防水用の白いシリコンがしっかりと装着されていることをご確認ください。
※漏水の恐れがありますので、ケースに破損がないことを確認して使用してください。
※本体のレンズや防水ケースの内部に汚れがある場合は布などで拭きとり、綺麗にした上で装着してください。
※蓋を閉める際は「カチッ」と音が鳴るまで閉めてください。閉まっていない場合、漏水の恐れがあります。
※防水ケース装着中は中心ボタンしか使用できません。
(電源オン/オフ、録画開始/停止が可能です。)
※取り外しの際は上記の逆の手順で取り外してください。

各パーツの使用方法02

  台座への取り付け方法
画像

② 防水ケース、 ⑧ 台座取り付け用マウント、 ⑮ 短ネジを用意します。

画像

マウント取り付け部に⑧をはめ込みます。

画像

⑮の短ネジで固定します。

画像

⑧台座に押し当て、差し込みます。

画像

カチッと音がするまで差し込みます。

各パーツの使用方法03

  台座からの取り外し方法
画像

⑧の先端を指でつまみながら、矢印の方向にへ押します。

画像

そのまま引き抜きます。

各パーツの組み合わせ使用例01

  使用例1(ポール固定用マウント)
画像
画像
  使用例2(ポール固定用マウント)
画像
画像

各パーツの組み合わせ使用例02

  使用例3(曲面台座)
画像
画像
  使用例4(平面台座)
画像
画像

製品仕様

商品名ドライブレコーダー コマ録
型番3R-DVR01
入力5V/1.0A
サイズ約45.5×45.2×55.0mm
重量約70g
ケーブル長さ約350cm、約80cm
動作時間最大約2時間(スポーツモード時)
有効画素数200万画素
フレームレート27.5fps(車載モード時)
ディスプレイサイズ1.5インチ
対応microSD
カード容量
最大64GB
付属品 防水ケース、車載ホルダー、充電器、
カーチャージャー、
microUSBケーブル短(約80cm)、
microUSBケーブル長(約350cm)、
台座取付用マウント、
縦横切替用 マウント短、
縦横切替用マウント長、
曲面用台座、 両面テープ(曲面)、
平面用台座、両面テープ(平面)、
短ネジ、長ネジ×2、ポール固定用マウント

【カーチャージャー】

サイズ約21.0×25.6×92.5mm
重量約18g
入力電圧12~24V
出力電圧/電流
(iPHONE用)
5.0V/2.4A
出力電圧/電流
(CAM用)
5.0V/1.0A

安全上のご注意

ここに記載された注意事項は使用者やまわりの方への危害損害を防止するためのものです。各項目をよくお読みになり必ず守ってご使用ください。

警告

●本製品を分解したり改造したりしないでください。

●過度の衝撃や振動を与えないでください。

●感電の危険があるため本体が水などにぬれた状態やぬれた手で使用しないでください。

●雨や雪の降る屋外、浴室などの湿度の高い場所で使用しないでください。本機の上に水や液体が入った容器などを置かないでください。水や液体が内部に入ると、火災や感電を引き起こす原因になります。

●防水機能は、防水ケースを装着している状態に限ります。また、完全防水を保証するものではありません。

●小さなお子様の手が届かないところで使用、保管をしてください。

●本体や付属品を暖房器具、調理器具など高熱になる環境、また直射日光の当たる環境で保管しないでください。

●本製品の動作可能温度は-10℃~65℃です。動作可能温度以外での使用は控えてください。

●本体の清掃にシンナーなどの有機溶剤を使用しないでください。

●万が一使用中に煙が出たり異臭を感じた時はすぐに使用を中止してください。

●ディスプレイには絶対に衝撃を与えないでください。衝撃を与えると、ディスプレイが割れ、火災や感電、けがの原因になります。

●3Mシールは防水ではないため、雨天での使用は避けてください。

注意

●本製品を使用、接続する各機器に示された安全情報や定格表示を合わせて確認のうえ使用してください。

●本製品を使用の前には接続機器のデータのバックアップなどを取ることをお勧めいたします。弊社では本製品を使用したことによるデータの消失や故障など一切の責任を負いかねます。

●本製品の接続端子に液体・金属・燃えやすいものなどの異物を入れないでください。

●本来の目的以外に使用しないでください。

●カーチャージャーはDC12VまたはDC24Vの端子に接続してください。

●本来の目的以外に使用しないでください。

●煙が出たり、異臭がしたら、すぐに安全な場所でエンジンを切り、カーチャージャーを抜いてください。そのまま使用すると火災や感電の恐れがあります。

●その他、異常を感じたら使用を中止し販売店または弊社へご連絡下さい。

使用上のご注意

バッテリーの寿命を長く保つ為に、少なくとも4ヶ月に一度充電して下さい。
ディスプレイにドット欠け・暗点が一部ある場合がありますが不良ではありません。
他社製のケーブルを使用すると本体が故障する場合があります。
レンズが汚れていると、綺麗な映像を撮ることができません。
お手入れは、柔らかい綺麗な布でおこなってください。
何らかの理由により、録画されなかった場合の録画内容の保証については、弊社は一切その責任を負いません。
強い電波の近くでは映像が乱れる可能性があります。
放送局送信電波塔や無線基地局等の近くでは、強力な電波によって録画映像に乱れや音声に影響を及ぼす可能性があります。
ETC等の配線に干渉する場合があります。その際は、影響の出ない場所に設置してください。

ご使用済みの製品の廃棄に関して

製品に内蔵されている電池のリサイクルにご協力ください。
このバッテリーにはリチウムイオン電池を使用しております。
本製品を最終的に廃棄する場合には、製品記載のサポート窓口までご連絡ください。

メール product-support@3rrr-hd.jp

※24時間受付

企業情報とサポートについて

お問合せ窓口

製品保証:ご購入日から1年間

※注文確認メール、あるいは店頭購入の場合は販売店の納品書やレシートなど、購入日がわかる書面の保管をお願い致します。

本製品に関するお問合せは下記サポートセンターもしくは販売店へお問い合わせ下さい。

メール product-support@3rrr-hd.jp

※24時間受付

電話092-260-3033

電話092-260-3033

FAX 092-260-8506

スリー・アールシステム株式会社

〒812-0008 福岡県福岡市博多区東光2丁目8-30-2F
Web: https://3rrr-hd.jp/


LINEお友達登録で すぐ使える 15%OFFクーポン GET!